【画 題】霊峰昇鯉登龍門
【解 説】古来、登龍門の故事に倣い、激流を遡った鯉が龍神となって天へと昇る姿は出世栄達の象徴。金運財運の象徴である旭日の黎明を浴びて黄金色に輝く黄金富士を背に、水飛沫をあげて豪快に跳ね、偉大な生命力を感じさせる鯉と、威厳あふれる様で忍び寄る悪災をことごとく追い祓う龍がご尊家を末永く守護してくれることでしょう。
【寸 法】190cm×54.5cm(尺五)
【作 家】森山観月
【体 裁】表装:三段表装  本紙:新絹本
【特 典】掛軸小物(風鎮・矢筈)をセットにした、初心者のお客様にも安心のお値打ちサービスです!

高級感 掛け軸 掛軸 送料無料 (森山観月) 霊峰昇鯉登龍門-日本画

最終更新日: 2016年08月31日